スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイメロ感想:塩塩塩塩…… 

こんにちは。なぎらんです。
今週もマイメロ感想いきます!

今週はなんと言っても、耳をひっぱられて倒れたマイメロが

シオシオゆってんのが

気になって仕方ありませんでした。


なんなんだ「シオシオシオ……」って一体!!!
シワシワの間違いか!?
ああそれにしても相変わらず顔がギコ猫になってるマイメロに激しくウケましたですよ。ああいうマイメロが私はたまらなく好きです。


さて、今回もいくつか感想を述べてみたいと思います。

(その1)いよいよフラット君→マイメロなんじゃないかと思えてきた。

冒頭のテレビゲームのシーンでのマイメロのぶりっこがものすごかった訳で、まあそれは別にどうでもよいのですが(いいんか)、今回はフラット君がいろいろとマイメロに尽くしまくっていたりして、ああこれはいよいよフラット君はやっぱりマイメロラブなのかなあと私は思ったのでありました。

気絶したマイメロをずっとうちわであおいであげてたりとか、「デートする?」とか言われてものすごい動揺してたりとか(なにげにマイメロは悪女なのかもしれないとも思った)、メロディーマークを貼るものが無ければ自ら壁に突進してマイメロの道具になるという始末。

なんでここまでできるんだ。
すごい。すごいよフラット君。
ちょっと感動した。

でもきっとマイメロはお友達としか思ってないんだろうなあ。というか、マリーランドキャラ同士のカップリングに関して語るというのは正直どうなんだろうか自分。コウノトリやキャベツ畑の世界観に、不必要なリアリティを持ち込んでいるような気がして、「フラット君→マイメロ考察」するのって実はちょびっと微妙です。

あ、でも、マイメロママとか、妙に現実的な発言、したりするからなあ……
恋愛でドロドロしちゃったりするのが、マリーランドの住人の本当の姿かもしれない。(うーん……)

……そういう訳で、まあ、あまり深くは考えずに、とりあえず、けなげなフラット君を密かに応援したいなあと思います。(マイメロママという強固な障壁あるけどな。)

……でも、フラット君って、結構、女ったらしだよな(ぼそり)。


(その2)いよいよ柊→歌なんじゃないかと思えてきた。

レストランでのシーンで、歌ちゃん回想する柊。なんなんですかねあのシーン。気になり出してるとかそういうことなんですかね。一体どういうことなんですかね。気になります。


(その3)相変わらず小暮→歌だなあと思った。

撃沈したマイメロ&フラットコンビを偶然発見した小暮。(先週といい、よく偶然通りかかるなあ小暮。)そしてマイメロ&フラットを抱えて走る途中でさらに歌&柊コンビも偶然発見。(偶然多いなあ。)

歌ちゃんにマイメロを渡す瞬間、なにげに

柊に視線で宣戦布告してるっぽい

小暮萌え。


なんか一瞬、小暮と柊、視線合わせてたよね!?たよね!?

「その気も無いのにデートとか誘いやがって。今に見てろー!!」
「ふっ。君みたいなちっこいのが、僕にかなう訳ないだろう」

みたいな意志の疎通があったらいいなあとか思いました。


……まあ、実際には小暮→柊は

「なんだこいつぬけぬけと夢野とデートとかしやがって……」

で、一方、柊→小暮は

「ああ、そういえば、このなんかちっこいの、いたな」
または
「クロミたちは今回はうまくやったようだなフフ」

みたいな火花もなんも飛び散ってないというか、小暮がハナっから相手にされてない状況だっただろうなあとは思うのですけどね。

前の項目で言っていた柊→歌ってな展開に今後なり得るのかしら。
どうすんのかな小暮。正面衝突すんのかな、柊&小暮。

いろいろ気になる今日このごろです。


今回はこんな所かな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/90-c874983b

おねがいマイメロディ#31「NO!と言えたらイイナ!」

最近、柊王子のショタ化を期待した全国のマイメロファンの皆様!さっそくマリーアントワネット王妃国際感想頂上コンクールでグランプリでも取りに行きますか。
  • [2005/10/31 20:08]
  • URL |
  • CODY スピリッツ! |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。