スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供マルチェロについて 

世界はこんなにも優しさに溢れてる。
子マル

子供マルチェロです。勘違い入ってるように見えたらすまん。ククに会う前のマルチェロは天使のような微笑みをする子だと思っています。自分のようなつらい思いは他の人には誰にもさせたくなくて、それこそ彼自身が優しさに溢れているような。まだ素性を知らない子ククに対して優しく話しかけたのも、決して同情心じゃなくて、本当に優しさからでた行動だったのだと思うのです。

子マルは、それでも父親に対する憎しみはどこかに抱えて続けていたのだと思います。でも自分の中でそういう感情は封印する、というか、なるべく目を向けずに、生きていたんじゃないかなあ。天使の中で悪魔が眠っているような、そんなイメージです。んで、子ククに会うことによって眠ってた悪魔(つまり親父への憎悪)が覚醒しちゃったんだろうなあきっと。んで己の中で持て余した悪魔をククにぶつけまくっちゃったんだろうなあ。

マルやククに関することはまだ考察足りない部分があって、いずれいろいろ考えたりまとめたりしてえなあと相変わらず思っています。(こういう所が自分ってオタクだなあとしみじみ思う。)

上の子マルはお世話になりまくっている蓮の上けろりん様に慎んで捧げます。ビックリマン風自作DQシールをどうもありがとうございましたvv次はマルとククの子供バージョンなんてどうですか!?(さりげなくリクエスト)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/40-ede8cef1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。