スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイメロ感想:大河内先輩がマジで好みのタイプだった 

こんにちは。なぎらんです。
おねがいマイメロディくるシャ感想、今回は2話分まとめていきます!

■まずは先週の第25話「ギャフンて言ったらイイナ!」。

柿崎……

大人しくしてればいい男なのに、奴はどうしてああもギャグキャラなんだろうか……

でも柿崎のアホさ加減はむしろ逆に愛しい程のレベルだよなあと思いました。
山に籠って剣玉の修行とか、ありえねえ……。


楽しみにしまくっていた柿崎話ですが、いろんな意味で予想以上でありました。

柿崎のアホさ加減が予想以上でした。

これは上で書いた通りですな。

柿崎V.S.柊対決の内容が予想以上でした。

全般的にネタなんだけど(ウサミミ仮面のコスプレとか)、ライトセイバー対決とかはめっちゃ美味しいなあ……と思いながら見ておりました。

マイメロスタッフは特定の視聴者層のニーズを、本当によく理解している……。


あと、コレ。

柿崎と柊の仲は
正直な所、かなり予想以上だ。


不戦勝みたいな勝ち方じゃ嫌だー!っつってボーナス問題にしちゃう柿崎もさることながら、
あと一問残ってるから、って更にラストチャンス与えちゃう柊というのは、結構意外でした。

普通に、例えば小暮辺りだったらフェアプレーの精神で普通にやりそうなことなんだけど、恵一さんがこういう普通に人間らしい行動するのって、かなり珍しいことだと思うのですよ。(人間じゃないんか普段は)

んでもって、本当に時々、特定の人間にしか、恵一さんはこういう一面って見せないよなあ、と思いましてね。で、特定の人間というのは、私が思う限りでは、

クルミちゃんと歌ちゃん、そして柿崎

かな、と。

前者の二人に比べると柿崎、なんでここに名前挙がってんねん、って感じですが、私にはそう思えるんですよ。一応断っておきますが腐女子視点で言っている訳では決してないのでありますのですよ。(熱心に訴えれば訴えるほど墓穴を掘る気がする……)

物語的には所詮脇役でしかない柿崎なので、今後これ以上恵一さんに濃ゆく絡んでくるとはちょっと思えませんが、奴のポジションは恵一さんにとってはかなり意味のある存在だと私は思うので、柿崎、ラストまでにもう一度くらい活躍してくれたらイイナ!と思いました。


■お次は今週の第26話「委員長になれたらイイナ!」。

夢ケ丘中の
リーサルウエポン
キタ!!!


え、ええと…
何事かと申しますとですね……

大河内先輩マジ好みだ。

正直マジあなどれん、夢ケ丘中。
今までなんでこんな美形隠してたのサ!マジもったいねえ!
ああでも若干色黒なのが唯一惜しい!
生徒会長の名を冠するのならば、できれば色白な方がよかった!
色黒だと体育会系っぽいけど、色白だと文科系っぽい気がするんだ!(超主観)
知的属性大好物の私としては、できれば文科系生徒会長がよかったなあと思うんだ!
でも文科系って言っても実は運動神経も抜群だとすごくイイナと思うんだ!


……すいません、脇役中の脇役に少々食いつきすぎました。
でも本当にすげえ好みのタイプでした、大河内先輩。
夏川さんの気持ちが死ぬ程よく分かったよ。
ちくしょう、私が夢ケ丘中の生徒だったら、絶対ファンクラブ作ってやる。作ってやるよ!!


あと、いろいろと気になった点について、順不同で突っ込んでおくとします。

担任の先生、正直絵心ありすぎだ!

特徴うまくとらえすぎだ!!
小暮だったらどう描かれるのかが気になったよ。

伝説の耳立て伏せをするウサミミ仮面

あれ一体、どこを鍛えてんだ?

「負け犬ビーム!」

なんてことさせるんだアニメスタッフ!(笑)
負けて焦げながらも、冷静に分析するバクくんのモノローグがおかしすぎたです。

そして、今回個人的に吹きまくったのはココ。

誰一人知らぬ間に
あっさりイケメンビームで
撃退されるダーちゃん


あ……ありえねえ……なんだこの展開………!!!

ギャーーとか言って再び宇宙の彼方にすっとばされるダーちゃんでしたが、実は誰一人として、ダーちゃんがバコちゃんに取り憑いていたことに気づいておらんのだよな……。

虚しいというか、なんと言うか。
仮にも無印のラスボスだったと言うのに……。

つーか、てっきりくるシャでもラスボスはダーちゃんなんだと思ってたんすけど、ち、違うってことなのか……!!?なんなんだもうアニメマイメロ!全然先読みできねえ……!!

相変わらずナニかがおかしいですね、このアニメ。
今週も楽しませていただきました。

大河内先輩とかね。

今回はこんな所であります。


■んでもって、来週は森内くんと加納さんの仲が進展するお話っぽいっすね。
噂によると一癖も二癖もあり賛否両論入り交じる江夏脚本らしいので(笑)、どう転んでも小暮が絡んでくること必至でしょうな。

個人的には小暮の奴、まだ決定打は下せないように思えるので、あるとしたら森内くんの姿を見て小暮の意識がちょびっと変化する、とかそんな感じかな、と思います。

小暮関係も気になるけど、森内加納カップルも大好きなので、彼らが一体どうなるのか、非常に楽しみであります。うふ。


感想書いてたらえらい遅くなってしもうた……。
コメントのお返事がとても遅くなっていてすみません!
明日には必ず……少々お待ちくださいませ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/288-c17a9e85

ウサミミイヤーは地獄耳

今年も梨が美味い。桁石です。 PCモニター帯電とかマウス左ボタン故障とか車のオイル不足とか、どうも何かと周辺怪しくなってまいりました今日この頃、皆様如何おすごしでせうか。「プリキュアSS」では“ザ・正統派正々堂々金ピカマッチョ敵キャラ”キントレスキー(中の
  • [2006/09/27 20:31]
  • URL |
  • いろいろあるけどラララの日記 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。