スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ6を語る 

ちはっす。なぎらんです。

最近は大学での研究をなんとかせっせとやっており、ちーとばかしならブログ書くのに時間費してもいいかな、という具合なので、ときどき更新しています、このブログ。

一方、本サイトの方のコンテンツは更新し出すと途端にずっぽりはまってのめりこんでしまうので、自己抑制してやっぱりしばらくお休みしています。

という訳で今回は突然ですがDQ6について語ります。


「ドラゴンクエスト6」

私はDQシリーズ中最も好きなのですが、世間では最も認知されていないシリーズのように思えます。「面白くない」とかいう評価ではなく、「あんまし覚えてない」というような感想を目にします。これはDQ6には前作であるDQ5と比較した際にインパクトある違いが無かったことが原因なのでは、と私は思っています。ハードがSFCであることや平面マップであることなど基本的な点はDQ5と同じで、追加された新システムの目玉は「転職システム」と「特技」。しかし「転職システム」はDQ3で人気のあったものを掘り起こした、という感じですし、「特技」は、これそのものはその後のシリーズにも継承されていることで分かるようにアイデアとして面白いものだったのですが、DQ6そのものを引っ張っていける程の派手さはありませんでした。

そして、キャラクターも他のシリーズと比較するとどうにも「濃さ」が足りないように思えます。無難におさまっている、と申しましょうか。これはDQ8をプレイしてますます強く感じたことです。(というかDQ8は極端です(笑))



それでも、私はDQ6が大好きなのです。

あの「夢見心地」な、「おとぎばなし」の連続のような、そんなストーリーが好きです。全編通してなんだかメルヘンチックなのです。

「夜になると魔物に変身してしまう村の英雄」

とか

「鏡の中に閉じ込められた姫」

とか

「雪女の秘密をしゃべったために何十年も氷漬けの村で孤独に暮らした老人」

とか、天馬とか人魚とか空飛ぶベッド(!?)とか。

行く先で次々と殺人事件が起こったり(DQ8)とか、人が死ぬ訳じゃないんだかなんかとにかく心に痛い事件をあちこちで目撃してしまう(DQ7)とか、父さんが目の前で…(DQ5)とか村のみんながある日突然…(DQ4)とか、そういうのがDQ6には無いのです。メルヘンチックなイベントを一つ終えるごとにぽっと胸に火がともるような、そんな温かさがあります。


それからですね、私があと好きなのは、メインキャラクターがそれぞれ悩みを抱えている所。思春期の少年少女の抱える悩みの縮図なのかなあ、と思っています。

変わりたい自分の姿と、変われない自分に分裂してしまった主人公くん。

天才的な大工の素質を持ちながら格闘家に憧れるハッサン。

大魔女バーバレラの後継者という重荷から逃げ出したバーバラ。

過去を振り切れないミレーユ。

そして、

孤独に生きることを望んでいる訳ではないけれど、そこから自力で脱却できなかったテリー。(んでデュランに見初められてしまった(笑))

(……チャモロはなんだろう?……すんません分かりません(汗))

私は特にハッサンにとても共鳴します。自分がすべきことやできることと、自分が憧れることは、必ずしも一致しない、と。等身大の自分を見つめ直して、それをどう受け入れて生きてゆくのか。EDで親父さんに指導されながら大工仕事の修行をしている彼を見ると、結局おさまるべき所におさまるのだけれど、そこにたどり着くまでには心の旅ってのが必要なんだろうな、としみじみ思うのです。


あと、仲間キャラクター達は共通の目的のために団結して……というんではなく、たまたま出会って、そしてたまたま気があって一緒に旅をしている、という感じがするのも好きです。いろんな悩みを抱えた連中がなんとなく一緒に連れ添ううちに親友になっていく……というようなのですかね。


自分がまさにメインキャラと同じくらいの年齢の時にプレイしたので余計に共感する部分が多かったのだと思います。

ストーリーについてはその後読んだ久美沙織氏著の小説版の印象が強く、上記で語っている内容が全てゲーム中での公式だったかそれとも小説の後付け設定だったか、実は定かでない点もあるのですが(おいおい)、深読みすればゲームからも読み取れる内容だと多分思います。でもDQ6はメインキャラのセリフが非常に少ない。行間から読み取れとか言われてもその行すら少ない。

なので、ぜひ、

会話システム追加でリメイクしていただきたい。

とても切実に願っています。きっとSFC版は堀井氏が描きたかったけど描けなかった部分がたくさんあると思うんだ!!激しく期待しているのです。ぜひやってほしいのです、スクエニさん。


ということで、なぎらんの心のベストゲーム、DQ6語りでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/26-0ac325c3

ドラゴンクエストⅥ

Ⅴの攻略を完了して、次はⅥです。前回から1年以上が経ちましたので、初心で再攻略です。今回は経験値をほんの少しだけ最初にズルして暫くはまっとう攻略と行きますか。上記は、必殺!!コードフロンティア掲載の「戦闘後経験値:7E254D 01/7E254E 01/7E254F 01」を使って、
  • [2005/07/23 04:19]
  • URL |
  • ゲームと本と酒の日々 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。