スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の日記 

こんにちは。なぎらんです。
たまには普通の日記っぽいこと書いてみます。

■自宅のMacをいい加減そろそろ買い替えよう
……と、「まいめろ♪どうめいDVDが見れなかったショック」をきっかけに、ちょっと本気で考え始めていたりします。ふとした様々な場合に困ったり不遇だったりすることもあるのだけれど、それでもどうしても!というこだわりがなぜかあって、結局次もMacにしてしまいそうです。

Webサイトでお絵描きとかしてるとMacで見たのとWinで見たので色合いが違ったり、HTMLの表示が違ったりと更にめんどいことも多々あるのですが、それでもMacがいいのです。HTMLの表示に関しては、以前していたように自分でHTMLコードを打つ訳ではなくブログ形式に移行してしまったので、そんなに気にとめなくても済むようにはなりましたけどね。画像はWinで見直すとMacで描いたのより明暗がくっきりしちゃうんだよな。どうやらMacとWinのガンマ値の違いのせいらしいのだけど(あまりよく分かっていない)……ちまたのMac使いの方々はどうしているのだろうか。

妥協すれば、得することもいろいろあるんだけどなー、とは思うのですけどね。


■夏野菜が出回る季節になりました
特にゴーヤが好きです。大好きです。以前から、彼氏の奴にもぜひ好きになっていただきたい、といろいろ作って食わせ続けてきました。しかし最初のうちはあまり評価が良くなく、あまりゴーヤの扱いに慣れていなかった初期の頃などには、生のゴーヤにかつお節をのっけて醤油をかけて食べるのを出したら、「この苦味には毒はないのか本当に大丈夫なのか」などと抜かしやがる始末でした。

しかし最近、いつもならば夕食は何がいいのさ?と聞いてもなんでもいいとしか答えなかった彼氏(なんでもいいってのが一番困るんだよ)が、「ゴーヤチャンプルが食いたい」と希望を言うようになりました。どうやら私の密やかなる努力が報われたようでした。そんな訳で今年の夏はゴーヤ尽しになりそうです。


■今更だけど小畑健氏の画集(通常版)が届いた
通常版の発売日が製本上のミスで一ヶ月も遅れるだなんて、誰が予測しましたか。おかげで見事に負け組です。DEATH BOX買わないから、そういうことになるんだよ、って後ろ指指されてる気分です。なんか集英社の罠にハマッたような気分です。

などと思いつつ開いた画集はやっぱり美麗でした。案の定ニアメロばかり見てますが。小畑氏の「ニアはおもちゃ好きというより分解好き」ってコメントが萌えでした。分解好きニアたん萌え。メロたんの伝説の黒マニキュアも心行くまで拝めて、満足満足です。

せっかくなので貼っておこう。
小畑健画集「blanc et noir」 小畑健画集「blanc et noir」
小畑 健 (2006/05/31)
集英社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

ゴーヤもいいけど「おふ」もね

 こんちはです。私も今更ながらこっそりリンクに気付いて動揺しております。そんなそんな、そんな大層なもんではねいですよ。

 でもまあ、うちの家族のツッコミは確かにおもしろいので、今後とも楽しんでいただければと思います。なぎらんさんの彼氏さんのご意見も聞いてみたいところですが、彼氏さんはマイメロ見てないんですか?

 うちも2年前に沖縄行ってからゴーヤチャンプルーは夏の定番です。うちは後、「ふーチャンプルー」もやってます。「おふ」を濃いめのかつおだしの中に浸して戻して、ニンジン、ニラの刻んだのと一緒にさっと炒める。あ、お好みなら豚肉も入れて。どこぞの邪神のように野菜を切るのに5時間もかからなければ、おいしいのができますよ。もしご存じでしたらすいません(^^;

>てんちょさん

や、すみませぬ。別に隠していた訳でもなかったのですが、うちのサイト見てくださってるてんちょさんにすら気づいていただけなかったとは……。以前のリンクページの配置が分かりにくかったのだろうと思います。

リンクコメントについては、本当にあんな感じで「COOLだなあ!」と思いながらいつも読ませていただいております。

うちの彼氏もマイメロは見ていて、どうやらウサミミ仮面とバクくんが好きらしいです。アニメマイメロにおいてこの辺りは男心をくすぐるポイントなような気がします。

>ふーチャンプルー
初めて聞きました!これも沖縄料理なんですね。今度作ってみます!検索したらいろいろ出てきたので、有名な料理なのですね。ちなみにてんちょさんご自身が作るのですか?だったらすごいなあ!!

 チャンプルーに関しては、二人とも作れます。どっちが作るかは、その時の気分かなあ。あ、最後に卵を割ってからめるのを書くの忘れてた。これやんないとチャンプルーになりません。失礼しました。
 日々の料理は3分の1ぐらいは手がけてます。私が「暮らしの手帖」派で家族が「きょうの料理」派(笑)味付けでケンカになるんだ、これが。

 せっかくのなので、もうひとつ夏向きの料理をご紹介。

 「豚肉はるさめ」
 はるさめはぬるま湯で戻しておきます。
 ごま油で豚肉をお好みの量炒め、その油で刻んだ大量のキャベツをしんなりするまで炒める。これまたお好みでみりん少々と薄口しょうゆを少しずつ加え、かきまぜながら炒めます。キャベツが薄いきつね色になったらはるさめを加え、また少しずつしょうゆを注ぎながら炒める。はるさめがあめ色になったら完成。豚肉のうまみをはめさめが吸って絶品です。

>てんちょさん

お返事に間が空いてしまってすみませぬ。

うおお!1/3もてんちょさんがお料理手伝っていらっしゃるのですね。すごいなあ。「暮らしの手帖」と「今日の料理」で味付けが違うのですか!うわわ……かなりの料理マニアですね、お二人とも。

私、料理は割と好きなのですが、それでも全部自分が作るのは大変なので、彼氏が1/3もやってくれたらすげえ楽だなあと思いますよー。

>「豚肉はるさめ」
ありがとうございますー!メモメモ!はるさめって、そういえば自分で料理に使ったことないので、面白ろうかも、です。

夏はやっぱり豚肉の炒め物ですよね。沖縄の食文化はその点で理にかなっている気がします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/235-2667250d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。