スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイメロ感想:次回予告が気になって西の白山どころじゃねえよ 

オーイエー
今夜は盛り上がるぜ
ベイベー!


こんにちは、なぎらんです。
いきなりすみません。

出遅れましたが、今週もおねがいマイメロディくるシャ第8話「タコヤキが食えたらエエナ!」の感想いきます!

とりあえず本編は他サイトさんとかでいろいろ語り尽くされているので、サクッっといっときます。サクッっと。いや、それなりにウケタんですけど。予告が、よ、予告がですねその……まあ、いい。


9年ぶりに再会した幼馴染みが白山になってたら
やっぱりショックだよなあ……


白山、私かなり好きなんですけど、それでも「もしかしたらかっこよく成長してるかもvキャハ♪」とか思って期待していた幼馴染みが白山になってたというのはキツイかな……(笑)。

でも、徹を容赦なくどついてる真菜ちんを見て、ああやっぱり幼馴染みだから遠慮がないんだなあ……とちょびっと夢みてみたりして。

いやいや、い、言いませんよ。
徹v真菜だなんて、言いませんよ。
そ、それはさすがに……ねえ?

でも、「幼馴染み」という関係はいいなあ。


「俊足の小暮」って
呼ばれる小暮に萌えた!!


「俊足」って!!いいなあ!!

思えば一年前は、陸上の大会の選手になれなくて歌ちゃんに万年補欠っていわれて逆切れしてたんだよなー、小暮の奴。それが今じゃ「俊足」ですか!?「走るのが速い」というのはもう全面的に周りに認められてる事実なんだね小暮!うれしいなあ。

ついでに言うと、格闘技やら落下歌ちゃんをキャッチやら、いろんな所で真菜ちんに一歩及ばない小暮だけど、走るのだけは真菜ちんに優っていたらイイナと思うのだが、どうなのかな?たぶん、小暮のが速いんじゃないかなあ……。


しかし、今回は小暮がものすごい脇役に徹してたな……


と思ったら
次回予告
なんじゃこりゃあああああああああ!!!


更に、コメントで桜さんに情報いただいた公式サイトの予告完全版、

!!!!!!!!!
!!!!!!!!!


あああちょっとこれいろいろとすごすぎるよ
次回の話コレ、間違いなく、歌ちゃん周りの恋愛事情のターニングポイントだよ!!
ああああうあああ!

全力で恵一さんを罵って
イライラしまくってる小暮が
最高にイイ!!よすぎる!!


ほんと、この予告だけでごはん3杯はいけます。ハイ。

そしてなによりも、ここの所ヘタレに徹していた小暮が、久しぶりに攻めの姿勢を見せてくれるようで、私は嬉しい!嬉しいぞ!!

ヘタレて歌ちゃんの周りでうろうろしているだけで何もできない(どころか、いい所をウサミミ仮面にかっさらわれる←根に持ってるな……私……(笑))小暮よりも、なんとか歌ちゃんに近付きたくて、ああでも勢い余って逆に憎まれ口きいてしまう……

そんな小暮が私は好きだ!!
好きだ!!


大いに、期待したいと思います。

ちなみにサブタイトルはモロ「スキって言えたらよろしおすナ!」だけど、こんな早い段階でまさか小暮が告白するとは思えないので、きっとこのタイトルは「小暮の告白」の意味ではないんじゃないかと思っていたり……しているのだが、その裏をかいて逆に小暮の告白だったらどうしよう…………


■話はちょっと変わります。

予告でですね、小暮が

「あんなどうしようもない最低男にギャーギャー言って、
見る目ないんだよっ!」


ってゆってますがね。
私は思うんだ。
小暮、そいつは違うぞ、と。

「どうしようもない最低男」だからこそ
歌ちゃんの気持ちは捕われたままなんだぞ、と!


人が恋に落ちる瞬間、それは相手の意外な一面、つまり「ギャップ」を感じた瞬間だと、よく聞きます。

歌ちゃん→恵一さんって、まさに私、コレだと思うのですよ。

もちろん、最初は歌ちゃんの若干ミーハーな憧れから始まったのだとは思う。

でも、柊邸に乗り込んで「一緒に夢を探したい!」と告白した歌ちゃんは、憧れではなくてむしろバイオリンのコンクール後に落ち込んでる恵一さんの姿を見て、恋心にとどめを指されたように思えるのですよ。

これは、「完全無欠の素敵な先輩が実は意外にもろくて落ち込んでしまうような一面がある」というギャップであります。で、近頃はヒッキーにまでなり下がってる恵一さん。当初の素敵な先輩というイメージが強いだけに、このギャップの効果は相当にすごいと思うのであります。

で、そんな風にギャップのある姿を見て惚れてしまったら、恵一さんがダメ人間になってる間は、当然「放っておけない!」になると思うんだよ。

そんな訳で、小暮の恋を応援している私としては、改めて恵一さんは強敵だなあと思うのです。もちろん作為的じゃなくて、無意識なんだろうけれど、だから余計に、かな。


■そこで、そんな柊のギャップ作戦に、小暮はどう対抗してゆけばよいのだろうか、と私は考えたのさ。(暇だなアンタ)

柊の場合、これは言ってみれば「負のギャップ」
普段は素敵なのに実はダメダメな一面もあるという、負の面を稀にさらすことによって生じるギャップ。

これに対し、小暮の場合は「正のギャップ」で行くべきだと、私は思うんだ。
いや、思うというか、実際この方針に小暮は沿っている気がするんだ。
具体的には、

「普段は憎まれ口ばかり聞いてばかりでケンカばかりの同級生が、実は自分のことを好きだった」

ということで、この場合は「実は好きだった」が正のギャップとして際立つのだと思うんだ。

このギャップを利用して歌ちゃんの気持ちを射止めるには、私はまず

小暮の評価が
地の底まで落ちる


必要があると思うのです。
すなわち、歌ちゃんに散々あれこれ嫌なこと言いまくって、それこそ絶交宣言されるくらいで、いいと思うんだ。

で、そんな具合に評価が最低まで落ちた瞬間に、なんらかのキッカケで「実はお前のことが好きなんだ憎まれ口たたいたのも全部好きだったからなんだ」というのを歌ちゃんがもし知ったら!そこには!「えーそうだったの!?じゃあいつぞやのアレもアレも全部好きだったからなの嘘っ!?」というギャップが生まれるんだ。

そして歌ちゃんの小暮に対する意識が変わる訳だ。
そしてそこで

恋心の火がともったらイイナ!

と、そういう訳だ。


えー。そんな訳で。小暮やら歌ちゃんやら恵一さんが今後どんな風になってゆくのかを占う上で、次回の話は相当に重要だと思うんだ。好き勝手ギャップがうんぬんと抜かしている私の考えに果たして沿っているのだろうかも、分かるんじゃないかという気がする……

なんかどえらい必死に語ってしまいましたが、要するに次回がとても楽しみなんだといことなのであります。

頑張れ小暮!!ウサミミ仮面なんかに負けるなっ!!
スポンサーサイト

コメント

そっその通りだと思います!!

憎まれ口叩く天邪鬼な小暮とか、もう来週はそればっかりでお願いしたいです。きっと江夏さんが、この恋を悶え死ぬ方向に持って行ってくれると!!
しかも、潤が小暮の気持ちを知って思い出作りをさせようとしてくれるという、潤歌ナシの小暮のみな内容というのが(勝手な解釈してます)私としては嬉しいです。

私も同意します!

こんばんはvv
確かに小暮には落ちるところまで落ちてもらわなければ(笑)
是非とも頑張ってもらいたいですね!!
今日もマイメロ感想ありがとうございますv
またにやけながら閲覧させていただきましたv
・・・・私実は提供絵にも期待しています。

お返事

>スミレさん
小暮の憎まれ口はいいですよねーvあの予告そのままのテンションでお願いしたいです。江夏さんはきっとやってくれる!やってくれますよ!!

潤はいまいちどういうポジションなのかよく分からないのですが、小暮を応援してくれちゃうんですかね?……と見せかけて潤が歌ちゃんと仲良くなってしまったりしたらどうしようなどと勘ぐってみたりして(笑)。

>四葉さん
メールのお返事の方遅れてしまっててすみませんー!(泣)なのにコメントありがとうございます…。

良くも悪くも歌ちゃんの中で小暮が無視できないような存在になってくれたらいいなあと思います。

私も提供絵、ちょっと楽しみにしてます。そろそろ新しい小暮の絵が出てきそうですよねー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/228-878d90a6

おねがいマイメロディくるくるシャッフル第8話「タコヤキが食えたらエエナ!」

一応、新幹線らしき電車に乗って大阪に向かう夢ケ丘中ご一行。車窓風景が鈍行なみに遅い。これなら米原から出発しても、大阪まで半日かかるかもなあ(^^;見た目豪華なんですが、実は各停か(笑)
  • [2006/05/27 00:21]
  • URL |
  • 蜂列車待機所日記 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。