スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニアたんについてあれこれつぶやき吐き出し 

こんにちは。なぎらんです。

すすすすいません、脳内ニアたん祭りがまだ続行中です。
ジャンプの最終回のアレは自分にとって実はかなりの燃料だったらしい……。
な、生温かく見守っていただければ…………(汗)

そんな訳で「続きを読む」に萌え吐き出してます。
コミックス派の方にはネタバレ有りなのでご注意。
(ネタバレっつか、それ以前に語り自体がイタいのでむしろそっちに注意だ。)


ちなみに、アニメデスノのLの中の人は千葉繁氏がいいんじゃないかと、割と本気で思っているのですがどうでしょうか。いや、冗談じゃなく。

(Lのファンの皆さんに背中から刺されそうだな……)
■こ、こここ、ここに来てニアたんがニアたんがニアたんが好きでしょうがないのであります。

あああ。Page.104「答」の「確たる証拠を突き付けている!」のニアたんが格好よすぎるちくしょう。

話が進むごとに幼児退行が進んでいったニアたんですが、私はむしろ奴はカッコイイと思っているので、なんだかもう救いようがありません。

幼い仕草とは裏腹に、器用で意外にがっちりした手つきとか、ダブダブのパジャマの襟元からチラリ覗く鎖骨に、まったくもってクラクラしています。奴はきっと着痩せするタイプだと思うんだ!きっと脱いだらすごいんだぜ!肩幅あるんだぜきっと!腹筋とか割れてたらどうしよう!(それはちょっと……)

あとですね、モノローグの中で時々あらわれる感嘆符付きのセリフが好きです。普段淡々としたニアたんも頭の中では感情的な一面が見えて隠れしていたりして。

「ふざけるな!」が特に好きですね。大統領にウジ虫発言の後のです。敵対心剥き出しで素敵すぎる。奴は、あれだね。メロたんのこと感情的だ感情的だ言うとったけど、ニアたんは表に全く出さないだけで、感情の有無はそんなにメロたんと変わりないような気がしますよ。

あああとね、「キラのくせに」とか「ふーん、見たんだ」とか!!
お前なんだその露骨に皮肉な物言いは!普段とのギャップが……た……たまらん!!


■ああそれにしたって最終回!!板チョコとオモチャを両手にねそべって足ぶらぶらさせてるニアたん……!!

ハタチだよな?

メロたんと同じ歳ならそのハズだぞ。
ハタチでそれって、お前…………!!!!

ずっとニアたんに勝てなくて悔しい思いをし続けてきたらしいメロたんでしたが、いや、全然負けてないよ寧ろいろいろと遥かに優ってるだろうと思うのですが。

飛行機に一人で乗れるし。

(でもニアのアレはやろうと思えばできるんだけど究極の甘えっぽい気もする。レスター氏も甘いよ……!!(笑)「一人でなんとかしろ」とか言ってみても、よかったんじゃないか……!?)

もともとはニア側のハル姉さんは完全にメロに落ちちゃってたし。

(ハル姉さんのメロ擁護的行動の節々に多少ニアたんが妬いてたらイイ、とか妄想していたりする私……ありえんけど……でもメロたんの方は「ニアと俺のどっちの味方なんだ?」と露骨に対抗意識剥き出しにしてたから、ひょっとしたらニアたんも内心ちょっと面白くないと思ってたらイイナなんてね……)


■ちなみに、最終回で松田さんがあれこれ推理してた点についてですけど、私はニアたんは「照るんのことをノートに書いた」はあんまし受け入れたくないので違うんじゃないかと。(「それは願望だ」って言われそうだな……)やっぱりニアたんにはあくまで綺麗に勝ってほしかったですので。

一方、ハル姉さんを通してメロたんを操ってたというのはアリかもしれんなあと思います。ニアたん的には「利用」と「協力」どっちでもあるみたいな。
でも、まさかメロたんがやられるとは思ってなかったニアたん、とか。どうだろう?


■ふー。吐き出したらちょっと落ち着いたかもです。末期的だ自分。

たぶん、絶滅寸前の種が急に多産になるのと同じ原理で萌えがデルタ関数的なんだよ今。そうだ。そうに違いないのです。

そんな訳で、原作は終わってしまったけれど、密やかにニアたんを相変わらずなでこなでこして愛でてゆきたいと思っているのであります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/225-ad80a681

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。