スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼシカさん論(なぎらん脳内版) 

こんにちは。なぎらんです。
ヤバイです。ギリギリです。世界極限です。
現在やっている研究のプレゼンテーション用資料の制作中なのですが、どうにもこうにもテンションが上がらねえのです。
そうだ、こういう時はタンバリンだタンバリン!!

どうにもテンション上がんねえので、ちょっと軽く語ってみることにします。

私は実はゼシカさん→8主くん派だったりします。主姫も好きなのですが、それと同時にゼシ→主も好きです。ゼシカさんの片想いです。でも主姫も私の中ではどうにも姫の片想いのように思えてならないので、結局のところ「ゼシカさん→8主くん←姫」だろうということに私の中ではなっています。

なぜゼシ→主かと言いますと、理由はこんなんです。

1)杖にあやつられてて開放された後、ハワードさんの家から出る時にゼシカさんが改まって「これからもよろしくね」(だっけ?)とおじぎするシーン。普段は割と勝気で強気姿勢な彼女だけど、なんか主人公くんに対しては意識して女性らしくしようとしているような気がするのです。

2)ちびラプソーンに対峙する直前の会話で、「◯◯◯がいてくれたから、ここまでこれた。ありがとう」みたいな、またもや妙に改まったセリフが。いつもは言えないことを、ここぞというタイミングを逃さず言ってる感じがするのです。あ、あと、彼女がこういうこと言い出す時って、いつも姫さんがちょうど近くにいない時だから、姫さんがいるとやっぱり身を引いちゃうのかな、とか思ったりしてしまうのです。

3)EDで、主人公くんが姫さんを部屋に向かえに行こうとすると、先に姫さんの部屋に行っていたゼシカさんとすれちがいます。あえて主人公よりも先に姫さんに会いに行っている所がなんとなく、ゼシカさんらしいなあ、と思ってしまったり。姫さんの気持ちはもちろん知っている訳で、自分の気持ちは心に納めておいて、姫さんを気遣っていそうな気がするのです。

……書いてみたけど、めっちゃフィルター掛かった解釈してるなあ、と自分で思いました(笑)。なんかクロノトリガーのルッカのポジションに似てますな。


ククゼシはというと他の方が描いてらっしゃるの見たりするのは普通に好きなのですが、なぜか妄想に発展していきませぬ。たぶん、私の中でのクク→マルベクトルが強すぎるが原因だと思われます。

ちなみに、ククゼシの場合のゼシ→ククは

「なんだか放っておけないアイツ」、

主ゼシの場合のゼシ→主は、

「何考えているか分かんないけどちょっぴり気になるアイツ」

かな、と思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/22-d3fe527b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。