スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小暮とジュンジュンのコンビに命名してみた 

こんにちは。なぎらんです。

突然ですが、小暮とジュンジュンがいつアイドル男性デュオとしてデビューしてもよいように、グループ名を考えてみました。

潤と駆(デビュー曲は「変態ドリーム」)
Yumegaoka Kids(夢ケ丘は少なくとも関東だとは思うのだが)
14(15歳になったら解散)
カッキー&潤(カッキーって誰だ)
かぼす(柑橘系)
JaK(ジャックと読みます)

自分で言っておいてなんなのだけれどJaKはなかなかよいんじゃないだろうか。

あと、以下に裏ブログに関するちょっとしたお知らせ。
先日Yahoo!で検索したら、このブログから裏ブログへの連絡通路のページが見事にひっかかりやがったので(そもそも検索避けとかあまり真面目に対処してなかったので仕方ないのですが…)、連絡通路ページのアドレスを変更しました。(あとちゃんと検索避けタグも入れた……)

アクセス解析見てるとなんだかわざわざ見て下さってる方がコンスタントにいらっしゃるみたいで、どうもありがとうございます。これからもこそこそと更新するので、今後ともどうぞこっそりとよろしくお願いします。

あと、裏の更新情報は、この表ブログの記事には特別には書かずに、連絡通路へのリンクの最終更新日でお知らせしていこうと思います。どうぞよろしくおねがいします。

最近描いてるものが世間で需要があるんだかないんだかいまいちよく分からないのですが、相変わらず描きたいものを描きたいように描いてゆこうと思いますです。ぺこり。
スポンサーサイト

コメント

まいど、桁石です。連投カキコすまんです。
潤&小暮キュンのコンビ名、元ネタが全部判ってしまいますた。つーか「かぼす」はウケたですよ。口に出して読んでみると妙に可笑しいです。ジャケットはかぼすのアップ絵で是非。
「14」「かぼす」「JaK」だと、やはり小暮キュンもギター弾かんといけませんな。要鍛錬。ではでは!

小暮でギター!?

こんちはです!いやいや、構ってもらえてはちゃめちゃに喜んでいます。

ジャケットがかぼすのアップ絵、の元ネタはこれ↓ですかな?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HR1C/ref=cm_lm_fullview_prodimg_1/250-0082374-2296231?%5Fencoding=UTF8

実は上に挙げたのの元グループのどっちがギターとか全然知らなかったのですが……そ、そうか。両方ギター弾けないとあかんかったりするんですね!さすがエアギターについて熱弁を奮う桁石さんだ!!

小暮がギター演奏するのはちょっと見てみたいですねー。美・Guiltyの一件からすると音痴とかって訳ではなさそうなので、意外とイケるのかもしれません。

でも七五三みたいな格好してバイオリンを弾く小暮というのもいいかもしれません。ぐはあ。やばい。見たい……

かぼすの素

まいど。家族にエアギターを語ってウザがられたんで、自分のBlogでハッチャけた桁石です。再三失礼します。

>元ネタ
ビンゴですよー。判って頂けて嬉しゅうございます。
小暮キュンがギターでなくヴォーカルに専念するとなれば、更にネタになるデュオが増えますなぁ。例えば、ふたりの苗字から取って「コグラギ」(元ネタ『コブクロ』)とか、潤お得意のロックテイストならばK'j(読みはケージュ、もちろん『B'z』)などなど。音楽ネタは尽きません。

>七五三みたいな格好してバイオリンを弾く小暮
歌タンとどっちが上手いでしょうかね? むしろ小暮キュンの方が上手くなって、お互い教えたり教えられたり・・・うわ、妄想は止まりませんゾナー。
ではでは!

コグラギ!?

>家族にエアギターを語ってウザがられたんで
Blogで語る桁石さんも熱いですが、エアギター実践する桁石さんはもっと熱いと思います。わたしもカラオケ行きてー

>コグラギ
おおお!いいっすね!でもこれだとむしろ「ラギ」の方は兄の方が、小暮との身長差があっていいかも!!小暮と恵一さんがデュオって、ありえませんけどね…

>K'j
これだとソロアルバムも出してもらえそうですな!「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」あたりを二人で熱唱してほしいですわー。

>むしろ小暮キュンの方が上手くなって
意外と器用そうですからねー小暮。というか歌ちゃんが不器用すぎる気も…

じゅんかけ兄弟

2人とも着流しでどうでしょう。なんかあつあつご飯に合いそうなコンビだ(笑)BGMは歌ちゃんバイオリン、柊兄アコーデオン、バク君ノコギリ…(ねらいすぎ)

ちなみに私は夢ケ丘は関西にあると思います。
1.「肉」といえば「牛肉」である
2.すき焼きが関西風である
3.おでん屋の大将が甲子園に通える
4.小暮が走ってたこ焼きを買いに行ける

…んで、何でみんな関東風のしゃべくりなのかというと、兵庫県中部の山の中を切り開いて作られた新興住宅地だから。もともとこのあたりは関西弁をしゃべらず、関東弁風のイントネーションのところすらあります。そして神戸の人はもともと関西弁度が薄く、新住民と旧住民のコミニュケーションの手段として、自然に関東風のイントネーションが根付いてしまった…なんてのはどうでしょう(^^;

>てんちょさん

げはあっ!お返事まで間が空いてしまって、どうもすみませんでした!

>じゅんかけ兄弟
……は、元ネタはすぐには分からなかったのですが、もしかして「堂本兄弟」ですか…?私も思わず二人をごはんにのせてあつあつのお茶をかけてかきこみたくなりました。じゅるり。柊兄のアコーディオンはちょっとイロモノっぽいっすね。ノコギリ!?

>夢ケ丘は関西にあると思います。
おおお!証拠の数々が!!

私も実は以前どこかのサイトで、

「八百屋のおやっさんが「肉=すき焼き」そ即考える文化は関西のものだ」

というような記述を見たことがあったのですが、そこから「夢ケ丘=関西」という考えには至りませんでした。理由は関西弁の真菜ちんが周りと比べて特殊な存在であること、だったのですが、てんちょさんのおっしゃるように、関西圏でも標準語が使われる地域があるのでしたら、確かに「夢ケ丘=関西」は私もかなり濃厚だと思います!

関西地域の詳細な言語事情は、愛知出身で東京在住の私には分かりませんでした。さすがはてんちょさん……。

そうか……じゃあ小暮が大阪のたこ焼を買いに行ったのって、そんなめちゃくちゃな要望じゃあなかったのか…。菊池が太秦に修行に行ったっていうのも、なんか分かる気がしてきました。むむ…

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/215-649cce48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。