スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリみてとかプリキュアSSとかデスノとかの話。 

ごきげんよう。なぎらんです。

ひさしぶりにマイメロ以外のジャンルの話をいろいろと。

■「マリア樣がみてる くもりガラスの向こう側」を読んだ。
まだ読んでいない方のために一応白くしておきます。以下感想。
相変わらずいらいらじれ。裕巳さんの瞳子ラブっぷりがどんどん進行していてすごいですね。かく言う私も瞳子ラブです。ああいう子を側に置いておきたいという気持ちはなんとなく分かる気がします。「妹の部屋を増築しちゃったから寂しいのよ」の辺りの話がよかったです。次回はそろそろ裕巳さんと瞳子の直接対決(?)があるのかな?楽しみです。


■「ふたりはプリキュアSS」の健太きゅん。
この前の日曜のお話が星野健太きゅんメイン話だと知って勢い余って録画してしまったアホがここに一人。同じツンデレ少年だけど小暮のような妙なエロさは皆無の健全元気少年です。でも時おり見せるせつなげな表情に思わずきゅんきゅんしております。今回は家族メインの話だったので、今後もっと咲ちゃんへの片想い話が見たいのであります。

あと個人的には和也兄ちゃんも結構好きであります。知的属性知的属性!!線の細い美少年系のルックスと、「本は読めればそれでいい」「全部頭の中に入ってるから平気」などの発言に胸キュンでした。兄ちゃんもまたたくさん出てきて欲しいものです。


■「デスノート」ジャンプ本誌の最近の展開について
これは以下に隠しておきます。コミックス派の方にはネタバレの内容になるのでご注意下さい。
このところあれよあれよという急展開なので、一度語っておきたいと思いつつどのタイミングで語ればとうだうだしていたら、ついにこんな所まできてしまいました。

「二人ならLを超えられる」と言ってくれたニアたん。

でもなぜだろう。私はなんだかちと寂しい。

たぶん、最終的に残ったニアたんが最強の一人、という訳ではなかった所が寂しいのだと思います。

二人で一人前だったニアたんとメロたんは、ここまでくる途中で既に片方の翼をもがれてしまっていた、と。まさに捨て身の一騎打ち。最終的に勝ったけれど(それともひょっとしてまだドンデン返しとかあったりするんか?)、メロたんはその現場に自分で立ち会うことはできませんでした。

ニアたんの勝利宣言にどこか悲痛なものを感じてしまう私。

ああ、二人は最初から最後まで、二人でひとつだったんだなあと実感できたのが、こんな結末からだなんて。

もしニアメロ陣営の勝利でデスノート、幕を閉じるのならば、ニアたんは今後正式にLの正統後継者となって活躍してゆくのでしょうか。きっとずっとメロたんの影を背負ってゆくんだろうな、ニアたん。

ずっと淡々とした姿しか見せなかったニアたんですが、実は彼こそ「素直クール」だなあと最近つくづく。普段口にしないだけで、ニアたんってばLもメロたんもめっちゃ大好きなんじゃないですか。でも、結局自分だけがこの世に残されてしまいました、と。やばい、泣ける。ううう……

全く意味の通る日本語になっていなくてすみません。(泣)

あとちょっとで全てに決着がつきそうなデスノート。

一人残されたニアたんを、それでもまだまだ最後まで応援したいと思います。がんばれ!ニアたん!ガンバレ!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/204-ac7d826f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。