スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイメロSS『ドキッ!!女だらけの温泉雑談』~柊の乱~ 

こんにちは。なぎらんです。

そういう訳で(前日の記事参照)、女湯バージョンです。

以下に隠しています。


落ち着いてるつもりなんだけど、たぶん、シャッフル直前でそわそわしているみたいです、私。きっとそのせいです。




歌「はあー。妹かあ~」
美紀「歌ったら。さっきからそればっかり」
歌「だってぇ~~」
奏「妹。いいじゃない。だいたい、あの最低最悪男の口からそんな、ちょっと特別っぽい存在みたいなこと言われただけで、十分じゃない」
美紀「そうよ、歌!あきらめちゃダメだよ!」
歌「そうかなあ……むぅ~~」


歌「あれ?あっちの方に人だかりができてるけど、あれ何?」
美紀「ああ、なんでも占部さんが『おっぱい占い』っていうのをやってくれてるみたいだよ」
歌「お、おっぱ……?」
美紀「おっぱいの大きさや形なんかで、恋愛運が分かるんだって。ねえ、歌、私たちも後で見てもらおうよ!」
歌「ええ~~、わ、私はいいよー……」
美紀「えー、どうして!?」
歌「自分の胸を見てもらうなんて、なんだか恥しいよ~~」
奏「……ふーん」
歌「なっ!なに!?ちょっと、あんまりじろじろ見ないでよっ!」
奏「あんたの胸も、いつの間にかずいぶんと育ったわね~~」
歌「えっ……そ、そうかな……」
奏「でも、もうちょっと育った方がいいかも。その方が駆くんも喜ぶだろうし」(ニヤニヤ)
歌「ちょ、ちょちょちょ、ちょっと!なんでそこに小暮が出てくんのよっ!」
奏「べっつにぃ~~」
歌「そっ、そういうお姉ちゃんこそ、き、菊池先輩とはどうなのよっ!」
奏「どうって?」
歌「ど、どどど、どうって、つまりその……」
美紀「やっぱり気がついたらゴーヘブンなんですか!?」
歌「ご、ゴーヘブンって……美紀っ!!」
奏「あー、もう、中坊ってこれだからやーね。菊池となんてどうにかなる訳ないじゃないの。まったく……」
歌「ええ!?で、ででででも、つき合ってたんでしょ?」
奏「菊池にそんな度胸ある訳ないじゃない。まあ、それ以前に私の方からお断りだけど」
歌「ああ……菊池先輩だもんね……」
美紀「そうよね、菊池先輩だものね……」


琴「うわあああ!真菜ちゃんの胸って、弾力があって形も最高!」
真菜「こっ、琴ちゃんっ、こら、そんな風に触ったらアカンっ!……ちょ、ちょい待ち……」
琴「琴、おっきくなったら真菜ちゃんみたいなおっぱいになりたいな!……あ、でも、あの、あそこのお姉さんみたいなのもいいかも……!!」
真菜「ん?……ひょっとして飯島か?」
琴「えっ?知り合いなの?」
真菜「クラスメイトや。あー、こりゃ聞きしに勝るウシチチやな。あんなんなったら、肩こるで~~、琴ちゃん」
琴「え~~。でも、あのくらい大きくないと、できないこともあるって聞いたよ」
真菜「できないこと……?」
琴「うん。ぱいず……」
真菜「うわあぁぁぁぁあぁあ!琴ちゃんアカンアカン!!」(琴ちゃんの口をふさぐ)
琴「(モガモガ)なんで~~!!」
真菜「それ言ったら、この文章、裏に載せんとあかんようなってしまうわ!!ていうか誰やねん、そんなん琴ちゃんに教えたの!!?」


真菜「……ん……?なんや、脱衣場の方が騒がしいような……?」


小暮「……めろって、おい、柊、お前、正気か!?」
柊「……るさい。僕に構うな」
小暮「おい、ちょ、ちょっと待て!柊……!!」


美紀「えっ!?ちょっとヤダ、あの声、柊先輩と小暮くんじゃない!?」
歌「え、えええ!?ど、どどど、どうして女湯の脱衣場に……?」


小暮「おい!やめろよ!やめろってば!!」
柊「しつこい奴だな。ん?もしかして、僕に便乗して、お前も女湯に入りたいのか?」
小暮「な!?なにいってんだお前、そんな訳……」
柊「ならばお前が先に入ったらいい。ほら」(柊、小暮の腕を引っ張って脱衣場から女湯に向かって突きとばす)
小暮「わ、わわわわあっっ!!」


小暮「て……いてて……ちくしょう、柊のやつ……」
真菜「こっ、小暮!?」
美紀「小暮くん!?」
小暮「うわ!?ち、ちちち違う、違うんだってこれには訳が……」
歌「こ、ここここ、小暮ええええええ!?あ、あんたっ!!」
小暮「ゆっ……夢野っ!!ご、誤解なんだって、これには訳が……」
歌「バカ!違うわよ!そうじゃなくて……」
美紀「こっ!!!!小暮くん!!!た、タオルタオル!!」
小暮「えっ?」
真菜「お前アホか!!はよ前隠せーーーーーー!!」
小暮「!!!!!!!!!!?」
歌「もーーーーーーーー!小暮のバカバカバカ!最低!」
琴「うわあーーー。お父さんのと同じだけど、お父さんよりも小っちゃい~~」
小暮「!!!?(泣)」
美紀「一体何事ハプニング! あなたの秘密をオープンナウ! キャンキャン タマタマ コンニチワ!」
ピアノちゃん「めええぇ。あばあっ!」
真菜「コラーーー!!美紀アンタ今さりげなくすごいこと口走ったでーーーー!!!」
マイメロママ「あら、まあ。ウフ」


柊「ほら。早く見苦しいものを隠せ」(浴衣を小暮に差し出す)
小暮「ひっ、ひいらぎ…………!!!!!?」
柊「どうした。早くしろ」
小暮「って、柊、お、おまえ、な、なんで……裸…………!!!!」
美紀「キャアアアアアアアアアア!!!」
真菜「ギャアアアアアアアアアアア!!!」
奏「ひっ、柊、あ、あんた………!!!」
琴「あっ、あれも父さんと同じだーーー。でもちょっと大きいかもーー」
小暮「おっ、おま……おまえ…………」
柊「僕の浴衣をお前に貸してやったんだ。ありがたく思え」
小暮「だっ、だからって、おま、おま、おまえ………」
柊「おっと。こうしてはいられない」
(そう言いながら全裸で歌ちゃんの方に歩み寄る)
柊「夢野くん。君には散々迷惑をかけたからね。ぜひ、君の背中を流させてほしい。構わないよね?ついでにこれからは僕のことを「お兄ちゃん」って呼んでくれると、嬉しいな」
歌「…………」
柊「ダメなのかい?夢野くん?」
歌「ひ…………ひいらぎせんぱいの………」
柊「夢野くん?」
歌「ひいらぎせんぱいのバカーーーーーーーーーーー!!!!」



そしてこの時の彼等はまだ、紫のアイツがこの夢ケ丘市に刻一刻と近付いていようとは、知る由も無かったのであった……。


(完)



■あとがき
すみませ………
スポンサーサイト

コメント

ひゃああ

ゴーヘブン!!!!お父さんのと同じ!!!!!!!ひ~~~男湯に引き続き悶絶です…!ど・動悸が!夢の扉が開きそう・・・
お父さんのと同じってことは、小暮はム(略)てるんですか?!まさか雅彦がほ(以下略)死ぬ気ですみません!!

げふん、なぎらんさんこんばんは!シャッフルもうすぐですね…!ソワソワ
奏が小暮応援派なのが嬉しいです!

>いぬずみさん

さいきん、いぬずみさんがどういう方なのか、ちょっと分かってきたような気がします……というか、きゃわいらしい絵柄に油断させられていたような……(コラ;笑)。

小暮のナニがどうなのかという点については、まるで深く考えていなかったのですが(汗)、ああ、そうですね、パパさんと同じなわきゃないですね(笑)。迂闊でした。

ていうかいぬずみさんの目の付どころをむしろ褒めたたえさせて下さい。

奏姉は柊を歌ちゃんに激しくおススメしていないので、どちらかと言うと小暮プッシュかなー?という気がしますが……どうなのでしょうかね?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/194-bbbaa389

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。