スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小暮歌SS 

こんにちは。なぎらんです。

時間がないーゆうとったんですが、実は先日書いてしまったバレンタイン小暮歌SSがありまして…

アニメではバレンタイデーネタはスルーなんだと思って書いてしまったSSなのですが、抜目がないアニメマイメロは、ひょっとしたら今度の日曜にバレンタインデーネタを入れてくれやがるかもしれん。そうしたらこの捏造バレンタインSSはお倉入りにせにゃあかんくなってしまうので、せっかくなので出してしまうことにします。

健全ほのぼのらぶです。
以下に隠してます。
2月14日。

放課後、陸上部の練習が終わり、着替えていつものように帰路に着こうとしていた所で、
夢野にあった。

「小暮!」
「夢野?なんでこんな所にいるんだ?」

運動部の部室が建ち並んでいるこの区域は、
運動部に所属している者以外は、普段あまり見掛けない。
俺を見つけて駆け寄って来た夢野は帰宅途中という感じだった。

「よかった。もう帰っちゃったかと思ったよ」

そう言いながら、夢野は手提げ袋から、小さな袋を取り出した。
口の部分を可愛らしいリボンで結んだ、プレゼントによくあるような形の袋を。

「はい、これ」
「えっ?……もしかして……?」
「チョコだよ」
「うえぇぇぇぇっっっ!?まっ…マジかよ…」
「もちろん義理だけど」
「あ……そ」
「なによ?」
「い、いや、なんでもねえ……」

俺は、夢野からそれを受け取る。

「この前、小暮にはいろいろ助けてもらったから、そのお礼」
「この前って…………あ、この前の、な」
「うん。あ、義理って言っても、ちゃんと手作りチョコなんだよ?
美紀と真菜にもあげたら、結構評判良かったんだ♪」
「ふーん……手作りか……」

そこまで聞いて、夢野がチョコを渡した相手が友人や俺だけなのが
ちょっと不自然だったので、当然な流れだと思うのだが、
夢野が本来手作りチョコを渡そうと思っていたに違いない
相手のことをふと思い出してしまった。
夢野も同じだったみたいで、少しだけ、笑顔が曇る。

(本当は、本命チョコ、柊先輩にあげるつもりだったんだけどね)

そんな風に見えた。
言わなくても分かる。

数日前まで、大好きだった先輩なんだ。
クロミの黒幕だっていう正体を知るまでは、きっと今日の日のことを、
夢野は楽しみにしてたに違いない。
あんなことがあって、チョコを渡す所の話ではなくなってしまったけれど。

それでもきっと、チョコを作りながら、あいつのことを、夢野は思わなかったハズがない。


「お前の手作りかー。大丈夫なのか?食ったら腹壊したりするんじゃねーか?」

思わず、重い空気を振り払いたくて、俺は言ってしまった。

「!?なっなによそれ!?そんなこと言うんなら、それ返してよっ!?」
「やーだね。一度もらったら、俺のもんだ!」
「なによっ!小暮のバカー!!」

俺は、追いかけてくる夢野をかわして、校庭に逃げる。
逃げながら、さっき夢野にもらったチョコのうち一つを、口に放りこむ。

「…………」

急に立ち止まった俺に、夢野がぶつかる。

「きゃっ!?ちょ、ちょっと!急に止まらないでよっ!」
「……うまいな、コレ」
「え?」
「うん、………美味い。こんなチョコ……食ったことねえ」

とたんに、夢野が照れくさそうに笑う。

「そ……そう?えへへ……マイメロに、たくさん手伝ってもらったんだけど、ね」

そこで、俺は夢野にちゃんと礼を言っていないことに気がついた。

「あ……ありがと……な」

俺が言うと、

「ううん、小暮に美味しいって言ってもらえて、よかったよ♪」

曇りのない笑顔で、そう返す夢野。

夕日に照らされてオレンジ色に輝く髪が、大きな瞳がとても綺麗で、

そして笑った顔が可愛らしくて、

俺は思わず、見惚れてしまった。

無意識の内に俺は夢野の方に手をのばしていた。そして……



「いっ痛いイタイっ!なにすんのよー!?」

気がついたら、俺は夢野の髪を引っ張っていた。

「あー、いやー、なーんか、引っ張りたくなるんだよなー、コレ……」
「もーっ!やっぱり小暮のバカー!!」

再び夢野に追いかけられながら、さっきの夢野の笑顔を思い出す。
チョコの甘さ以外に、胸に甘い感覚が、じわりと広がる。

改めて思い知る。

ああ、やっぱり俺は、夢野が好きなんだな、と。


<その後談>

「ただいまー」
「おーい、駆駆ー!!」
「なんだよ、フラット?」
「見てよ見てよー、マイメロがくれたんだ、チョコ!」
「へーよかったなー。でもどうせ義理チョコだろ?」
「…………」
「あ、そうそう、俺ももらったんだよ、夢野に!一個食ったんだけど、美味かったぞ!」
「ふーん…………。でも、どうせ義理チョコなんだろ?」
「…………」




「不毛なことでお互いを傷つけあうのはやめようぜフラット……」
「うん、そうだね…………賛成」


■あとがき
本命チョコはもらえなくても、こんなちょっとしたできごとが小暮にあったらイイナ!と思って書いたです。

マイメロはなんとなく大量に義理チョコをばらまいて無駄にたくさんの人を誘惑していそうな気がする……。
スポンサーサイト

コメント

ほわぁ~ん

相変わらずすんごく萌えますw
2人のこの微妙な距離感がたまりませぬ…

お返事

>真琴さん
ありがとうございますv妄想の中でくらい小暮には積極的にさせちゃりたい気もするのですが、なかなかそんな風に動いてくれなくて、付かずはなれずです……。どうすればよいんですかね?うむむ……

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/169-c68d5962

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。