スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイメロ感想:ちょっと待ったァァァ!!! 

こんにちは。なぎらんです。
今週もおねがいマイメロディ第42話「楽しい日記が書けたらイイナ!」の感想いきます。


ちょっと待ったァァァ!!

と予告の柊&歌ちゃんに激しく割り込みたい。

な、ななな、なんですかね!?あの予告は!?

向かい合ってる柊&歌ちゃん。
なにやら必死な表情でなにかを訴える歌ちゃん。

そして触れあいそうな手と手。

んでもって、サブタイトルが

「告白できたらイイナ!」

と来たもんだ……。

マジですか!?告白ですか!?そうなんですか!?
そして予告画像見る限り、歌ちゃん→柊への告白というのが一番可能性高そう……。

い、いや、でも、アニメマイメロのことだ。
きっと、歌ちゃんの告白だと見せ掛けておいて、きっと全然違ったりするに違いないんだ。そうだ。そうに違いない……。


ていうか小暮はもう

「お前俺より下手なんじゃねー?」
とかなんとかいいながら
歌ちゃんにちょっかい出してる
場合じゃねえよ。


うかうかしてるとかっさらわれっぞ。


……とそんな訳で、今週はなによりも予告が衝撃的でした。
公式ページの「つぎのおはなし」もやけに簡潔だし。
あああ、こここ、こ、ここ、小暮……!
ひょっしてまさか柊と歌ちゃんがうまくいっちゃったりしたらどうするんだ小暮。

落ち込むんかな小暮。
隠れて泣いてたりして小暮。

でもそんな小暮がチョト見てみたいと
密かに思う今日このごろだったり。




さて、本編の感想いきましょう。

伝説のずきんがいろいろ登場してホクホクでしたね。

でもそれよりなにより

たんすに山程しまってある
同じ形同じ色のずきん


の方が強烈ではありました。
そしてずきんを脱いだ姿は決して見てはいけないようですね。

まるでオバQだ。

どうでもいいけど寝起きの第一声「うぅーん……」がエロすぎでしたマイメロ。


そして

朝食後→「ハァー紅茶が美味しい」→夕食の準備→「ハァー紅茶が美味しい」→掃除→「ハァー紅茶が美味しい」→夕食の準備→「ハァー紅茶が美味しい」

これはどう考えても

紅茶中毒だ。

紅茶やコーヒー好きな人って一日で何杯もガバガバ飲みますよね。
まさしくマイメロもこれなのでしょう。
なんなんだこのリアリティ溢れる設定は。


その後、学校に臨時教師として出向くマイメロ。
手取り足取り教えて欲しいとかゆってる白山くんがとてもヤヴァイ感じでした。
マイメロは黒いというよりも天然なのだろうと私は思っているのですが、白山くんの申し出をさりげなくスルーしたマイメロは、今回ばかりは

わざとだろう

と私は思いました。

でもこの白山くんのキモさが逆にたまらない。
これらからやめられんのですよアニメマイメロ。


えーと後は、クロミノート1P目の秘密。
「マイメロちゃんと仲良くなれたらイイナ」って……そんな時代もあったんですね、クロミちゃん。ちょっとびっくりです。
そしてピアノちゃんはマイメロの妹分みたいなものなのかしら。

と、今回はそんな所かな。

冒頭で叫んだ通り、今回は次回の展開が気になってしかたありません。

小暮が一体どうなるのか
しかと見守りたいと思います。


予告には出てこんかったけどね…。


さて、そんな混迷を極める歌ちゃん周りの恋愛模様。
一体今後どうなるんだ!?

そこで今回は次回以降の展開を占うという意味も含めて、突然ですが「柊」「歌」「小暮」の三人でやってみました

「いきなり次回予告」。

有名なアレですが、一応説明すると、人物三人の名前を入力すると勝手に次回予告風の文章を作成してくれるというツールです。

それでは、見てゆきましょう。
まずは日常編。


只今、町内会主催、子どもの真冬の大抽選会!!
歌と小暮は、1等のPlayStation3を狙っていた。
しかし、1等は柊が裏工作をして取ってしまった…。
ガッカリした歌と小暮が帰ろうとした時、2人に特等が当たった!
その特等とは…
次回『超高級トイレットペーパー10年分の使い道!』


裏工作してまでPS3を欲しかった柊にウケタ。


歌です。
気温もぐんぐん下がり、だんだんコタツが恋しい季節になってきました。
さて、来週の『柊さん』は
「歌コタツで窒息寸前アイタタタ」
「柊大気圏を突破する」
「小暮尺八のススメ」です。お楽しみに!!


歌ちゃんがコタツで窒息寸前は本当にやりそう(笑)。
そして柊なら大気圏を突破しそう。
でもなによりも小暮尺八のススメが気になる。
…………エロい。(ぼそり)


あの山に登ろう!柊のいきなりの提案に即賛成の歌。
そして度々二人を襲う苦難を乗り越えついに頂上へ到着。
しかし柊が「ヤッホーー」と叫ぶと「小暮ーー」と帰ってきた!?
次回「山の上で叫ぶのはありきたり?」お楽しみに!!


アウトドアー派な柊にウケタ。
「小暮ーー」って返ってきたらしい。

さてお次は恋愛編。


柊「私…あなたのことが…あの~、その~…」
歌「何?僕が…?」
柊「すっ…」
そこへ、恋愛を許せない小暮先生が。
小暮「ほら、そこ!!恋愛禁止!!」
…ってここは学校だろぉ~!
次回「先生は嫉妬してるんだって…」をお楽しみに~!


職権濫用です小暮先生。
ていうか小暮先生萌え。
歌ちゃんは僕っ娘らしい。


「もう愛なんて信じない!」そう叫んで走り出す柊。
追いかけようとする歌に向かって札束を見せる小暮。
歌の決断は、果たして…
次回「カネさえあればディズニーランドも買える」乞うご期待!


金で釣るなよ……。

そして、今回の本命予告。


夫と息子、親友を殺された歌は、殺された親友の娘である柊、旅で知り合った小暮と共に
敵討ちの旅をしている。
そんなある日柊が魔王にさらわれてしまった!取り乱す歌に小暮は、
「柊は俺が必ず助ける。だから…この旅が終わったら俺と一緒になってくれ…」
突然の告白に動揺する歌。果たして柊は無事なのか、そして2人の恋はいかに!?


う、うおおおお!!小暮が告白しとるよ!
か、かっこええ!!
本編の小暮もこのくらいの度胸が欲しいものです。

柊は助けんでええから一緒になっちまえ。(ごめん)


最後におまけ。


「うわああああああ~~~なんじゃこりゃ~~!!!」玄関口で叫ぶ歌!
柊から歌に届いた宅配便の中身にはもっさりと小暮の体毛が!!
次回「この毛どこの毛小暮の毛」お楽しみに!!


もっさりと小暮の体毛が!?

ホントに

どこの毛だよ!?

ていうかイヤな展開ですね。


今回はこんな所です。もっさり。
スポンサーサイト

コメント

初めまして!

いつもこそりと覗かせていただいています。ちはやと申します。
私も「マイメロ」好きで毎回は観られないけどたまに観ています。(バイトがあったりするので・・・)そしてなぎらんさんと同じく歌×駆派です。
今回の記事凄く分かります。今週はバイトで観られなかったんですけど、公式やファンブログ様方の記事をチェックして内容は大体掴んでいます。
そう!私も今週のあのバカップルがどうなったかよりも次回の予告の方がかなり気になるのです。(酷っ。)
歌たん、とうとう告白でしょうか?柊様も本気出してきたところですし・・・どうするよ?駆!?って感じです。
「いきなり次回予告」は私も知っています~。「駆の体毛」が面白いですね(^^)

ちはやさま

はじめまして、ちはやさま。覗いていただけているとは感激です。どうもありがとうございます!

おお!小暮歌お好きなのですね!歌ちゃんと小暮の今後、本当に気になりますよね。でもまだなにかしらの決着が付くにはちょっと早すぎる気がするので(3月でひとまずお話に区切りがあるとしたら)、まだこの先どんでん返しがあるのではないかと思っています。バレンタインデーとか控えてますし(笑)。小暮には頑張ってほしいものです。

次回予告、有名ですよね。小暮の体毛はかなりイヤな感じです。

ところでちはやさまのブログにも少しお邪魔したのですが、マイメロ感想、実際に視聴したのではないかというような感想で驚きでした(笑)。今どきは感想サイトさんとか見るだけで、結構わかっちゃうものなのですね……スゴイ。

みるるんが突破したいなぁ。

みるるんへ

突破してください。

こんにちわ♪

こんにちわ!!なぎらんさん。
先日は私のブログに来て頂きありがとうございました。
"いきなり次回予告"はとても面白いものですね/笑。
自分の名前や友達の名前など②を入れてやってみたら凄い事になってみんなで笑っていました!!

次回のマイメロはとっても楽しみですね!!
そして、小暮がどうなってしまうのか…
それが気掛かりで…
その次の日がテストだったのですが、なか②勉強できませんでした…/汗。
て、ことで点が…
とにかく、後2日なので前より気掛かりです…っ!!

柚那加さま

お返事が遅くなってすみませんでした。次回予告は面白いですよね!ああ、友達の名前でやるのも面白そうですねー!ちなみにそちらに伺った時の書き込み怪しくてすみませんでした。何故か日本語が表示されなくて……。

小暮心配ですよね!今週見てますます分からなくなりました。人のテストの点まで落とすとは小暮も罪な奴です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/140-1a04a0cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。