スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスノ9巻感想:ロリータビームぎゅんぎゅん!! 

こんにちは。なぎらんです。
取り急ぎデスノート9巻感想をば。

表紙ニアたんが

ロリータビームぎゅんぎゅんで

マジヤラレタデス!!


…実はある方に表紙画像のアドレスを教えていただいて、数日前にネット上では確認済みで、以来脳内ニアニア祭り絶賛開催中だったのですが、モノホンの単行本表紙で見たニアたんは改めて

イイ!!

上目遣いやら子供っぽい仕草やらは一見媚び媚びなのだけれどその黒い瞳の奥底に潜む挑発的な何かがいかにもニアたんらしい。

そして絶対シルクだ!この生地のテカり具合、絶対シルクのパジャマに違いない!!と思わず声高に主張したくなる真っ白シャツとか

白靴下ハアハア!!

とかが非常によろしいですね。

銀髪もすっかりしっとりストレート(?)なニアたん。
でも個人的にはもう少し癖っ毛な方が好みかも。でもすとれーともイイです。

あと椅子もいいですね。ギミックの描き込みがいいですね。周りに従えるロボット群も合わせて無機質な感じがいいです。

あ、あと、撫で肩もいいなあ……。思ってたより体格が幼いなあニアたん。

とにかく、いろいろ、そりゃもういろいろ、一週間はこのニアたんをおかずに御飯が食べられそうなくらいいろいろ、ヨカッタです。デスノ9巻表紙ニアたん。ハイ。


さて、帯アオリ。

「嘘にこそ、真実がある。」

そしてその嘘はメロたんからの愛のプレゼントv(黙れ)
page.78「予測」でその嘘をガンガン攻める小悪魔チックなニアたんがやっぱり大好きです。

本編の方はもう穴があく程見返しまくった話ばかりなのですが、page.77「利用」はやっぱり最高に良いですね。「競争ですね」のニアたんの笑顔が最高に大好きですvv「Dear Mello」の書体はジャンプ掲載時と変わってますな。ニアたんが直筆で書いたような感じに近付けたかったのでしょうか。ニアたんの直筆萌え。

あと、ここらへんの話まとめて一気に読んだら、メロたんってば爆発食らった後、ものすごいあっという間にハル姐さんのヒモになってて笑えました(笑)。めっちゃ早いよパラサイト。ハル姐さんとメロたんは実際のところどんなんなっているのかしらんというのが実はものすごい気にはなっていて、ああたぶん、もう、とっくにそうなんだろうなあ、うん、やっぱりそうだよね……と頭の中でもやもやしていたりするのですが、なんだかんだ言ってハルメロも好きです私。


二部の最初らへんの話の主軸は、結局「メロたんとニアたんがどうやったら手を組めるか」なのかなあ、と今更ですが思っています。最終的には二人が力を合わせてキラに挑むのだけど、最初っから二人が仲良しこよしではなかったのは、メロたんとニアたんの役割分担をはっきりさせたかったのではないかなあと。そのため、月の活躍はちょっとおざなりにされてる感がありまして、世間でのデスノ第二部が辛口で評価されるのはそのせいなのかなあと思いました。本領発揮は、やっぱり照るん登場以降かな、と。

9巻感想はそんな所です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagilog.blog4.fc2.com/tb.php/115-4bd855bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。